日常のアクセスとしてカブは無敵ではないでしょうか

本多技研工業が発売して掛かる50ccバイクのカブというのがあります。よくお蕎麦屋氏のデリバリーなどで使われているので、バイクのバの単語も知らない人も、「おや、これか」とうなずけるというぐらい有名なものです。
雑なやり方を通じていても壊れにくく、燃費もいいので効率が非常に良いと言えるでしょう。私も日常の乗り物はもっぱらカブに乗っている。
コントロール間柄はガイドブックなのですが、自動的遠心クラッチといって、エンジンのサイクル数が上がると自動的に達する仲間のものですので、面倒なクラッチコントロールは必要ありません。左足のチェンジペダルを踏んでガチャガチャとギアを上げ下げさせるだけです。非力なエンジンですが、立ち坂などではギアをなくしたりと、工夫をして股がるのもまた楽しいものです。
歩きによって最適なギアを使いつつ乗っていると燃費はぐっと良くなりますが、エンジンをやたら吹かすと当然燃費は悪くなります。ただし、最近の模範はFIといってエンジン内側の燃料噴流をコンピュータでオートメーションしているので、どういうのぼり方をしてもそこそこの燃費は維持できるようです。